佐保川・桜

   3月25日

   奈良は雨の日が続いています。。。年度末、人事異動の季節です。心落ち着かない日が続いていました。

    先日の連休の 佐保川べりでは。。。。ソメイヨシノが咲き始めていました。

f0214792_23211398.jpg

f0214792_23252357.jpg

f0214792_23213555.jpg

    「佐保せせらぎの里」
f0214792_2322777.jpg

  
f0214792_23224382.jpg


             「万葉集」から、佐保川を詠んだ大伴家持の歌一首

             「千鳥鳴く 佐保の河門(かわと)の 清き瀬を 馬うち渡し いつか通はむ 」  (大伴家持 巻4ー715) 

        

            訳:愛しい娘よ、僕は千鳥鳴く佐保の川瀬をうち渡って いつか、きっと、馬にうち乗って、逢いにいくよ。 待ってておくれー!

    
              大伴家持16歳の時の 初恋の歌です!  家持の青春のはやる恋心がよくあらわれていますね!



f0214792_2323891.jpg


             「万葉集」からもう一首。。。「万葉歌碑」が建っています。 

            「 うちのぼる 佐保の川原の 青柳(あおやぎ)は 今は春べと なりにけるかも 」  (大伴坂上郎女 巻8ー1433)


               坂上郎女は、家持のおばさんです。3度結婚し、恋多き女としても有名です!

                歌いっぷりも、華やかで ろうたけていますね!  さすが熟女の歌です


f0214792_23232374.jpg

f0214792_23234025.jpg



    
         人事異動。。。出会いと別れ。。。悲喜こもごもの季節です。
         この度の人事異動で、私、転勤となりました。。。お世話になった職場と離れます。
         
         急に忙しくなってきました。。。。佐保川べりの 待っていた今年の桜だけれど。。。残る桜、散る桜。。。さまざまな花の姿が 思い浮かんできます。。。

                
     
            「 桜咲く佐保の川べりで 散る桜 残る桜を 想う時間(とき) 」 (byトッコ)
         

         花を愛でて、私も万葉人のように恋の歌を詠みたいのですが。。。ちょっと この春はそんなゆとりはありませんね。。。。 
[PR]
by kkpnx151 | 2010-03-25 23:38 | 奈良市
<< 玉響(たまゆら) 海龍王寺 >>