追憶のまなざし

    7月23日 昨日は「大暑」でした。

    息子が仕事で昇進したお祝いに、久しぶりに家族で京都へ出かけ、食事をしてきました。
    いくつになっても心配の息子ですが、何とか頑張ってるようです。

    昨晩、篠田節子「讃歌」 を読み終えました。女性ビオラ奏者の話。
    芸術性と感動を与える演奏とは、テレビのヤラセなどの問題など、引き込まれました。
    
     シューベルトの「アルページオソナタ」が、今も静かに流れてくるようです。



    ずいぶん前に描いた絵です。
            油彩20号  「追憶のまなざし」 
f0214792_1815496.jpg



    私は、音楽も好きです。 最近はどちらかというと、ビオラやチェロのように、低くて静かな楽器がいいですね。
    
    仕事が忙しくなってバタバタ毎日。心がバランスをとっているのでしょうか。 この絵も、そんな気分をあらわしています。












   
[PR]
by kkpnx151 | 2011-07-24 18:26
<< 鹿児島 薩摩の郷中(ごじゅう)教育   睡蓮  水の妖精 >>