広島 ~平和への祈り~

     平和への祈り  
 
    10月20・21日、6年生の修学旅行の引率で広島・山口に行ってきました。

    「平和資料館」から「平和祈念公園」を望む
f0214792_11144222.jpg


    「佐々木禎子さんの折った折り鶴」 繊細な折り鶴。命の輝きを放つ折り鶴に 胸がつまりました。
f0214792_11145960.jpg


    ~平和資料館の説明資料より~ 「佐々木禎子さんと千羽鶴」 

  「平和記念公園内ではいたる所で、色鮮やかな折り鶴が見受けられます。
    折り鶴は日本の伝統的な文化である折り紙の一つですが、今日では平和のシンボルと考えられ、多くの国々で平和を願って折られています。
    このように折り鶴が平和と結びつけて考えられるようになったのは、被爆から10年後に白血病で亡くなった少女、佐々木禎子さんが大きくかかわっています。

    佐々木禎子さん(当時12歳)は、2歳のときに被爆しましたが外傷もなく、その後元気に成長しました。
    しかし、9年後の小学校6年生の秋(1954年)に突然、病のきざしが現れ、翌年2月に白血病と診断され広島赤十字病院に入院しました。
    回復を願って包み紙などで鶴を折り続けましたが、8か月の闘病生活の後、亡くなりました。
    禎子さんの死をきっかけに、原爆で亡くなった子どもたちの霊を慰め平和を築くための像をつくろうという運動が始まり、
    全国からの募金で平和記念公園内に「原爆の子の像」が完成しました。
    その後この話は世界に広がり、
    今も「原爆の子の像」には日本国内をはじめ世界各国から折り鶴が捧げられ、その数は年間約1千万羽にものぼります。」



    平和への祈りを込めて折った千羽鶴を捧げました。
f0214792_11521739.jpg

    平和を願う「原爆の子の像」
f0214792_11515766.jpg


   
    祈り鶴は「再び被爆者をつくらない」決意の証として、今、「反核のシンボル」として使われています。


    子ども達が、「平和のランナー」として、優しくたくましく生きていくことを信じています。
[PR]
by kkpnx151 | 2011-10-30 12:15
<<   天理市展 八王子神社 秋祭り >>