2011年 09月 24日 ( 1 )

  桂文福 ご長寿寄席


   9月24日

   天理市 櫟本(いちのもと)校区の「敬老会」でした。 私も来賓でよばれて出席しました。
   校区のたくさんの高齢者の方々が、新築された 櫟本小学校体育館で、敬老の集いを楽しまれました。
   山口区長会長様のごあいさつ、南市長様の祝辞に始まる開会式のあとの、「桂文福一座」の落語はとても楽しかったです。

   皆さん、童心にかえって笑顔で楽しんでおられました。 新体育館が、笑顔であふれていました。

   笑顔は人を幸せにします。
 
   笑顔は長寿の秘訣ですね。 どうぞ、いつまでもお元気でいて下さい。

f0214792_152229.jpg



     私は折にふれ「石垣りん」の詩を愛読しています。

           「かなしみ」   石垣 りん

      私は六十五歳です。
      このあいだ転んで
      右の手首を骨折しました。
      なおっても元のようにはならないと
      病院で言われ
      腕をさすって泣きました。
      『お父さん お母さん ごめんなさい』
      二人ともとっくに死んでいませんが
      二人にもらった体です。
      いまも私はこどもです。
      おばあさんではありません。
      お父さん、お母さん
      二人が笑うと
      とても嬉しい。
      私は二人のこどもだから。



      。。。年を重ねた作者が、亡き父母の笑顔を思い、今も私は子どもです、となつかしむ心が、胸に迫ります。

      敬老会での皆さんの笑顔に、私もまた、子ども時代に戻り幸せな気持ちになりました。 

      皆さんの笑顔が、父母の笑顔と重なりました。  

      誰もが皆、昔は 愛される子どもでした。 そして今も・・・



      それにしても、文福さんの笑いのパワーはすごかった!

                 桂 ぽんぽ娘 さん    桂文福 師匠    桂まめだ さん
f0214792_0572848.jpg



        桂文福さん、楽しい笑顔の時間をありがとうございました。 相撲甚句 すばらしかったです!
[PR]
by kkpnx151 | 2011-09-24 22:56