2011年 12月 09日 ( 1 )

和歌山城

  紅葉の「和歌山城」散策

  
f0214792_1442290.jpg

f0214792_14421418.jpg
f0214792_14423017.jpg
f0214792_14425167.jpg
f0214792_1443445.jpg
f0214792_14432561.jpg
f0214792_14435730.jpg

f0214792_14502059.jpg
f0214792_14503696.jpg


    和歌山市の中心,こんもりと緑茂る「虎伏山」にそびえる 和歌山城「天守閣」。
    和歌山城は、紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。
    江戸時代、徳川家康の第10子「頼宣」が入城し紀州55万5千石の居城となり、以来、「徳川御三家」のひとつとして、長い歴史を刻んできました。

    紀州の殿様の居城「和歌山城」 動乱の歴史を刻むこの名城は、今、紅葉を映して美しくたたずんでいました。 
    「てまりの歌」がどこからともなく流れていました。

          「毬と殿様」5番

       てんてんてまりは 殿様に
       だかれてはるばる 旅をして
       紀州はよい国 日の光
       山のみかんに なったげな
       赤いみかんに なったげな
       なったげな 

    かわいい毬が、赤いみかんになったという! 私もおいしい「紀州みかん」をお土産に買って帰りましたよ。
[PR]
by kkpnx151 | 2011-12-09 15:04