カテゴリ:京都( 6 )

京都 詩仙堂

     「洛北の 紅葉に出会えし 親子旅」
 
     洛北の紅葉の名所「詩仙堂」の、あまりの行列に 思わず後ずさった私達。

     垣根ごしから すばらしい 紅葉に出会いました。

     「詩仙堂のもみじ」

f0214792_1025657.jpg

     陽に照らされて輝いていました。美しい、目が覚めるような色に圧倒されました。
f0214792_1031827.jpg


     「八大神社」
     八大神社は、都の東北「表鬼門」に位置しており、方除の神として信仰されてきました。
f0214792_847085.jpg


     八大神社の境内に、1604年 剣豪宮本武蔵が吉岡一門と決闘したと伝えられる「一乗下り松」があります。 写真左。
f0214792_8471460.jpg


     説明看板より (吉川栄治「随筆 宮本武蔵」遺跡紀行)

     「武蔵が一乗寺下り松に立って多数の敵にまみえた日のまだ朝も暗いうちに、彼は、死を期したこの危地へ来る途中で、
     八大神社の前で足を止めて「勝たせたまえ。きょうこそは武蔵が一生の大事。」と彼は社頭を見かけて祈ろうとした。
     拝殿の鰐口へまで手を触れかけたが、そのとき彼のどん底からむくむくわいた彼の本質が、その気持ちを一蹴して、鰐口の鈴を振らずに、
     また祈りもせずに、そのまま下り松の決戦の場へ駆け向ったという。
     武蔵が自分の壁書としていた独行道のうちに、「我れ神仏を尊んで神仏を恃まず」
     と書いているその信念は、その折ふと心にひらめいた彼の悟道だったにちがいない。
     武蔵にこの開悟を与えたことに依って、一乗寺下り松の果し合いは、ただの意趣喧嘩とはちがう一つの意味を持ったものと
     僕はそう解釈する。」


     「神仏を尊んで 神仏をたのまず」

     宮本武蔵の燃える侍の魂にふれたような静粛な気持ちと 詩仙堂の あまりに美しい紅葉とが重なりあい 脳裏に刻まれるスポットとなりました。
[PR]
by kkpnx151 | 2011-11-27 09:33 | 京都

京都 東福寺

  11月26日

   京都観光バスで「紅葉狩り」見学をしてきました。 土曜日とあってバスは満席! 
   「おいでやす」バスガイドさんの説明は優しくてまったりして さすが京都。 期待に胸が膨らみます。

    京都市 「東福寺」

    すばらしい 紅葉が 私たちを出迎えてくれました。   

f0214792_228235.jpg


       「通天橋 雪崩のごとき 紅葉かな」

   東福寺は 臨済宗東福寺派の大本山。京都五山のひとつ。
   「通天橋の紅葉」は 紅葉の一大名所です。
f0214792_2233592.jpg

   本堂の甍も 堂々としてしています。
f0214792_2235491.jpg


   人に押されながら 撮った紅葉の写真です。
f0214792_224764.jpg
f0214792_2242499.jpg
f0214792_2243499.jpg
f0214792_2244885.jpg

f0214792_2222322.jpg


   東福寺は 11月最後の土曜日は、一年で一番の人出だそうで、すごい人・人・人

   「紅葉を見に行ったのか 人を見に行ったのか。皆さまご苦労さまでした」

   でも、すばらしい紅葉に出会えて 満足でした。来週末まで まだ見ごろだと思います。



 
[PR]
by kkpnx151 | 2011-11-26 22:28 | 京都

京都市美術館 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

   京都 続編
   
   先週、「南禅寺」から「哲学の道」その後に、京都市美術館へも寄りました。赤レンガの建物はレトロで素敵です。

         「京都市美術館」

    印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション 「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」 
    「ワシントン・ナショナル・ギャラリー」は世界有数の美術館です。
    19~20世紀フランスの83作品(初来日作品は50点)、数々の珠玉の作品に出会うことができました。    

f0214792_451021.jpg


    とってもすばらしかったので、チラシから紹介します。

    まさに、「印象派オールスター★ 夢の競演」です。
    
    ルノワール「ルノワール夫人とその息子」(初来日)   マネ「ビトゥイユの画家の庭」         マネ「鉄道」 
    セザンヌ「赤いチョッキの少年」(初来日)        カサット「青い肘掛椅子の少女」(初来日)   スーラ「オンワルールの灯台」(初来日)
f0214792_432088.jpg

  
       
       モネ「日傘の女性、モネ夫人と息子」   
   
    夫人が振り返ったその一瞬を描いています。 なんと光と風が輝いているのでしょう。
   「風の強さ、空気の流れ、大気の香り、日射しの明るさ、気温の暖かさ、風のゆらめく音までも」感じられます。
    私が 最も心ひかれた作品です。 本当に素晴らしかった。 モネの一筆便箋を買いました。
f0214792_433042.jpg


      ゴッホ「自画像」1989年 
    
    病院を退院したばかりの自画像。 精神を病みながらも作品を書き続けたゴッホ。
    その力強いタッチ、その目の力に、おそれさえ感じました。 ゴッホの目の先には何が見えたのでしょうか。
    おのれ自身を見極めようとしていたのでしょうか。 圧巻でした。 
f0214792_351527.jpg


    やっぱり本物に触れるのは、すごい。 エネルギーを与えてくれました。

    開催期間 9/13~ 11/27 まだ間に合いますよ。 そろそろ紅葉も見ごろの京都。 ぜひ おすすめです。
[PR]
by kkpnx151 | 2011-11-19 22:03 | 京都

 京都 ライトアップ

  京都プチ旅行 続編

   八坂道にあるお店「奥丹」は創業360年の湯豆腐の老舗。
   おいしい湯豆腐ををいただいてから、外に出ると、灯りがともりとてもきれい。

  道行く人も 京都ならではの風情でした。 かわいいですね。  「八坂の塔」が夕陽に美しいシルエットを浮かべていました。
f0214792_20235031.jpg


  「知恩院」ライトアップ  入場はすごい行列でした。 入るのをあきらめて 山門をパチリ。神々しいですね。
f0214792_2024590.jpg


   「青蓮院門跡」ライトアップ こちらは、15分程並んで入れました。
    青蓮院門跡は由緒あるお寺。 境内は さすが格調がありました。 青色のライトが印象的でした。  
f0214792_20261135.jpg

    
      ライトアップされた光は、ゆっくりと点灯消灯を繰り返し、そのたびに皆さんのため息が流れていました。 なんでも、生命の源である光の生命観を表しているのだそうです。
f0214792_20242447.jpg

     青蓮院門跡のご本尊は、光そのもので、眩いばかりの光を放出し、その光明によって世界に功徳を及ぼすのだそうです。
      今年初めてのご本尊「不動明王二童画像」(青不動)がご開帳されていました。すごい迫力を感じました。
f0214792_20535599.jpg


     ふたたび、知恩院の前を通ると、東山に満月が浮かび 幻想的な世界でした。
     「知恩院と満月」
f0214792_20263961.jpg


     
     京都 ぜひ、また来てみたい。 
[PR]
by kkpnx151 | 2011-11-16 21:04 | 京都

京都散策

    昨日の京都 続編
   南禅寺 方丈庭園

   小堀遠舟 による 枯山水の庭園。 巨石は「虎の児渡し」と呼ばれるそうです。
   広い空間に樹木の影がくっきりと映り 魅力を増しています。 狩野探幽作 「水呑みの虎」の襖絵に 圧倒されました。
f0214792_20554044.jpg


    南禅寺 三門 
    「絶景かな 絶景かな」石川五右衛門の伝説で有名な所です。 柱も大きいですねえ。東山の借景がまた素敵。
f0214792_20484244.jpg

    散策を続けると まあ 素敵! 美しいですねえ。お店の前で 気軽に撮影させていただきました。     
f0214792_20491783.jpg


    南禅寺といえば 「湯豆腐」  ヘルシーですね。 「奥丹」 仲居さんがとても気さくな方でした。
f0214792_20493487.jpg

    お庭の灯りに灯がともり、さすが京都どすなあ。 気分満点。
f0214792_20494632.jpg


     「夜は、ライトアップも見に行こう」 娘とビール飲みながら はしゃいでおりました。
  
     つづく
[PR]
by kkpnx151 | 2011-11-13 21:33 | 京都

   南禅寺 水路閣 

      11月12日

       今日は娘と一緒に 京都へプチ観光に行ってきました。

       京都市左京区南禅寺福地町 南禅寺

              南禅寺 水路閣

f0214792_23321165.jpg



    映画のシーンを思い出します。
f0214792_23574587.jpg


         赤レンガの水路閣は、本当に素敵でした。       
f0214792_23313154.jpg


         男の子が 楽しそうにお父さんとかくれんぼをしてました。 かわいいですね。

f0214792_23511481.jpg


   緑色のもみじと赤色のレンガのコントラストは 絵になりますね。 もみじの葉影にも心が奪われました。
f0214792_23324730.jpg


         たくさんの観光客で 写真を撮るのに ちょっと苦労しました。

         今年の紅葉は遅いようで、まだ2週間くらい先でしょうか。 ぜひ、もう一度 来てみたいです。
[PR]
by kkpnx151 | 2011-11-13 00:05 | 京都