カテゴリ:奈良市( 34 )

正暦寺  紅葉

  
   11月18日。。。。。今日は 息子の買ってきた「ボジョレーヌーボー」で乾杯!

   先日、代休の日に 奈良市 「正暦寺」の紅葉に出会いに行ってきました。
   期待通り すばらしい紅葉でした。 016.gif



正暦寺

           「 正暦寺 見上げて歩む 紅葉山 」  (トッコ)


f0214792_20392083.jpg

f0214792_20334932.jpg
f0214792_20335632.jpg
f0214792_2034629.jpg
f0214792_20341773.jpg

f0214792_20362098.jpg


f0214792_2044161.jpg


                   紅葉のトンネル 散落ち葉の中
                    参道を歩く人は皆 美男美女に見えました!

                    正暦寺の紅葉は 今が見ごろです。

                    「 正暦寺 見上げて歩む 紅葉山 」 (トッコ)


                    ボジョレーヌーボー。。。おいしい! 今日は私のほっぺも もみじのよう 012.gif
[PR]
by kkpnx151 | 2010-11-18 21:32 | 奈良市

 薬師寺 ライトアップ

     7月21日 今日も猛暑

     今日は、職場で部屋にこもり、ずっとデスクワークでした。来客は2件のみ。 鮮やかな夕焼けを見ながら帰宅しました。

     夜になり、ようやく暑さもひいてきた! ちょっと「薬師寺」ライトアップ夜景を眺めに出かけました。



                「薬師寺」ライトアップ夜景 

f0214792_22383370.jpg


     暗い大池からは カエルの声、カモの羽音が聞こえてくるのみ 。。。美しい!
f0214792_22382285.jpg


     癒されます。  
     何もない自然の中で 伽藍のみが輝く大和の景色。。。。ここは、天平の時代を ライトアップの現代版で楽しめるスポットですね。 016.gif


     ※ 実は、道を一本間違えて、先日の「垂仁天皇陵」へ行ってしまいました。
       真っ暗な 夜の古墳 。。。。さすがに こわいなあ。。。  ゲゲッ?!?
 突然、アベックの高校生が出てきたので びっくりでした! 古墳でデートとは 「ゲゲゲのアベック」?! 
[PR]
by kkpnx151 | 2010-07-21 22:46 | 奈良市

 垂仁天皇陵 夕焼け

 7月19日 猛暑

  夕方,、近所「尼ケ辻」の 「 「第11代垂仁天皇陵」夏の夕焼け  を見てきました。
  
  垂仁天皇陵をバックに ひまわりが元気に咲いていた。 「かわいいですね」農家のおばさんに挨拶して撮影 001.gif

f0214792_2131385.jpg


  右の、御陵に寄り添うように浮かぶ小さな島。。。天皇の死を哀しみ、あとを追うように死んだという田道間守(たじまのもり)の墓。。。。
f0214792_2252618.jpg


  しばらくして、太陽は 北寄りに沈む。。。。今日は あんまり きれいじゃないかも。。。。

f0214792_21111760.jpg

  と、思いきや!
f0214792_21113292.jpg

  太陽が沈んだ後 。。。。 夕焼け雲が 広がり。。。
f0214792_2111466.jpg

  たなびく夕焼け雲が 東にまで伸びて。。。。電車の音が 響いてくる。。。。 
f0214792_21115911.jpg

  お濠に映る 夕焼け雲。。。。美しい!。。。心が浄化されるようです。
f0214792_21211043.jpg


  すばらしい 夕焼けになりました! ものすごい美しさです。。
f0214792_21122523.jpg

 
  闇の色が濃くなっていく。。。
  天皇に殉死した田道間守のあわれを想いながら、私はただただ眺めていました。。。。やがて、御陵は 漆黒の闇に包まれていきます。。。
f0214792_2146432.jpg

  

  私は、やっぱり 「夕焼け」が好きです。 053.gif

  三連休のあとの 明日からの仕事 。。。 暑さに負けずに、がんばりましょう!
[PR]
by kkpnx151 | 2010-07-19 21:21 | 奈良市

「平城宮跡・大極殿」 朝焼け

7月18日 晴れ

   梅雨明けの奈良   朝4時今朝は 早起きして  「平城宮跡・大極殿」   の 朝陽を見てきました。

    東の空が一望に見渡せる平城宮跡「第二次大極殿」の前に立つ。。。午前4時28分

f0214792_13293546.jpg

    夜明けの空が 茜色に 染まっていく。。。。
f0214792_13295658.jpg

    神々しい 時の流れを感じる。。。 この時間
f0214792_12554243.jpg

    空が少し明るんできました     
f0214792_13234238.jpg

  「第一次大極殿」。。。 もうすぐ 朝陽が昇る。。。オレンジ色が輝いてきました。
f0214792_6365999.jpg

    太陽が 頭を出してきました。。。。ダイヤモンドの輝き 
f0214792_14291959.jpg


    大極殿が 朝陽に祝福された瞬間  午前5時17分
f0214792_1364842.jpg

    まるで 大極殿に後光が広がっているよう。
f0214792_12574875.jpg

    草に置く朝露が 今日最初の光に照らされ 輝いていました。
f0214792_143624.jpg



       朝が生まれ出る この時間は 感動のドラマです。 
    
       久しぶりに 早起きするとやっぱり いいですね。 シアワセ 053.gif 



           投稿句 ありがとうございました!

          「 白々と明け行く静寂(しじま)古都の夏 」  (鎌ちゃん)
 

   
[PR]
by kkpnx151 | 2010-07-18 13:33 | 奈良市

喜光寺 蓮華

   7月6日   喜光寺 続編

   「喜光寺」は、まるで蓮に浮かぶ「極楽のよう」な美しい姿です。
f0214792_22541038.jpg

          蓮華  泥より出でて 泥に染まらず
f0214792_22543659.jpg

f0214792_22545813.jpg

f0214792_2256643.jpg

f0214792_2256207.jpg

f0214792_23205598.jpg

f0214792_23214776.jpg

f0214792_2341038.jpg

f0214792_23111997.jpg

f0214792_22361685.jpg


          泥より出でて 泥に染まらず 

         「泥より出でて 泥に染まらず」。。。 濁った泥の中で育ったにもかかわらず、美しく清らかに花を咲かせる蓮の花。

          毎日のドタバタの生活。 疲れて泥のように眠る日は、この喜光寺の蓮の花を思い出したいです。


        ※ 写真を撮っていると、喜光寺の造園をてがける樋口さんから言われました。「今度はもっと朝早く来やなあきませんで。」
           そう、蓮の花は早朝に 美しく朝陽とともに ひらくのです!
[PR]
by kkpnx151 | 2010-07-06 22:40 | 奈良市

喜光寺 南大門

7月4日

   時々雨の降る日曜日。。。「喜光寺」の「南大門」と「蓮の花」が見たくて、一年ぶりに拝観してきました。

   「喜光寺」は、行基さんが元明天皇の勅願により創建(721年)したと伝えられ、菅原道真生誕の地(菅原の里)にあることから、「菅原寺」と呼ばれていたとか。
   その後、聖武天皇が参詣のおり、ご本尊から光明が放たれたので「喜光寺」と改名されたそうです.

      450年ぶりに、南大門と仁王像がよみがえり、今年5月「落慶法要」が行われました。

               喜光寺  南大門 

                 落慶なった「南大門」。。。 燦然と輝いています。 施主は「金剛組」
f0214792_15364237.jpg

                        
        
               「仁王像」 阿形 。。。。力強い!
f0214792_22315742.jpg

               「仁王像」吽形。。。。仏敵を威嚇してくれます!
f0214792_15331864.jpg

               境内には、蓮の花。癒しの香りに満ちていました。
f0214792_19494647.jpg

               今を見ごろの蓮の花 。。。 喜びで風に揺れているようです。
f0214792_19485744.jpg


                     「 落慶なる 南大門に 蓮華光る 」   (トッコ) 
         

          「金剛組」
          「南大門」は、世界最古の会社「金剛組」が建築にあたりました。
          「金剛組」の歴史ははるかに古く、聖徳太子の命を受けて、海のかなた百済の国から招かれた三人の工匠が始祖であるといいます。
           三人の工匠は仏への帰依の心をこめ、そのもてる技のすべてをもって、四天王寺院創建のために尽くしました。
           創立から1400年、古代の建築技能を今に伝える匠の集団の心意気に、感動します。

           今、新しく光輝く「喜光寺:南大門」は 。。。建立当時の姿を、現代によみがらせてくれました。

           古都奈良は、古い甍(いらか)がぴったり似合いますが、奈良時代にはこのように、光り輝く、時代の先端の都会だったのですね。





        
[PR]
by kkpnx151 | 2010-07-04 22:22 | 奈良市

ウワナベ・コナベ古墳。。。夕景


           5月31日
 
           昨日の 「ウワナベ古墳の夕景」 (奈良市)です。

f0214792_14253036.jpg

          向こう(西側)には、「コナベ古墳」
f0214792_14255737.jpg

          水面が真っ赤に照らし出され。。。。幻想の時間です。
f0214792_14261542.jpg

          コナベ古墳の杜に沈む夕陽 。。。。古墳の暗いシルエットと 金魚のような雲の明るい輝き。。。すばらしい夕陽でした。
f0214792_14304285.jpg

          


      刻一刻と代わる空の色。。。。
              そして、雲の形、流れてくる風、池の漣。。。。まるで、まぼろしの時間です。

           夕陽を撮影していると、古墳の周りを散歩する方たちが、にこっと声をかけてこられます。
           私も会釈して、一緒に「ほー」と声を出して、夕陽を眺めます。 「すごいですねえ!」

           知らない者どうしが、感動を共感できる時間です。。。。夕陽の魔力

           










          
[PR]
by kkpnx151 | 2010-05-31 19:23 | 奈良市

円照寺。。。青楓

    先日の 「円照寺」で であった楓 。。。。 「青楓(あおかえで)」

    青葉の楓が茂っています。 美しい風が吹き、雨粒がきらきらひかっていました。
f0214792_1324869.jpg


    葉っぱを透した緑の光と陰影が 美しいです。
f0214792_13102423.jpg




    カエデの語源は、「蛙手(かえるて)」が変化したもので、葉の形がカエルの手に似ているからです。
    代表的なのが、「いろは楓」。 子ども達が、その手に似た葉を 「い・ろ・は・に。。。」と数えたことから、こう呼ばれるようになったそうです。
    かわいいですね。
    初夏の 青葉のカエデは、「青楓(アオカエデ)」「若楓(ワカカエデ)」と いって愛でられてきました。
    青葉が重なり合って 茂っている様子を 「結び葉」 ともいうそうです。 
    青楓。。。みんなで手を伸ばして 手をつなごうとしているようです。     「美人の日本語」より

    
f0214792_13105136.jpg




      「円照寺」参道の 青楓の葉っぱったちも、手を伸ばして、手をつなぎあっています。 その緑の陰影が 心をあたためてくれました。
[PR]
by kkpnx151 | 2010-05-27 19:57 | 奈良市

円照寺。。。参道

          5月26日。。。。 先日の休日に、雨が静かに降る中、「円照寺」の参道を歩いてきました。


         「円照寺」   (奈良市山町)。。。。小高い森に囲まれた円照寺

      「円照寺」は、「中宮寺」「法華寺」とならぶ「大和三門跡」の1つで、格式の高いお寺です。
      三島由紀夫の「豊壌の海」には、「月修寺」として描かれています。


       静かに参道を歩くと、別世界に入ったようでした。 時折、日も射してきて、木の間から光が輝きます。
f0214792_14321075.jpg

       森林のにおい、山鳥の鳴き声が聞える。
f0214792_17521348.jpg

  霧がゆっくり流れていきます      
f0214792_1741453.jpg

       歴史の重なりを感じます。     
f0214792_17415537.jpg

       円照寺は、別名「山村御殿」ともいいます。  静かな「円照寺」のたたずまいです。。。。
f0214792_1742304.jpg



                    参道に脇には、万葉歌碑 2基が建っています。
   
                   「 あしひきの 山行きしかば やま人の われに得しまし 山つとぞ 此の 」

                           (万葉集 巻20-4293  元正天皇)


                   訳: 山に行けば 山の住民が 土産にと わたくしに持たせてくれた 土産だわよ これは!




                   「 あしひきの 山に行きけむ 人の 心もしらず 山人や 誰 」

                            (万葉集 巻30-4294 舎人親王)

  
                   訳: あなたが、山へ行かれたと おっしゃるのは、お心がわかりません。 いったい「山人」って、誰のことでしょうか。 
   

        
f0214792_12453525.jpg



         現実の街中から、一歩踏み出すだけで、そこには幽玄の山中が続いています。
       
         しばし、現実から逃避して。。。。私は、乾いてほこりっぽくなった心を 潤わせてきました。
















        
[PR]
by kkpnx151 | 2010-05-25 23:28 | 奈良市

    大極殿。。。1300年後は? 

   5月2日。。。五月晴れ

               あをによし 奈良(寧楽)の都は 咲く花の  にほうがごとく 今盛りなり

  
      「第二次大極殿」 は、東の大極殿ともいわれ、復元なった西の「第一次大極殿」と共に、奈良時代の国家的行事を行なう場として最も重要な建物でした。
      


       「第二次大極殿」 。。。先週の写真です。  
f0214792_06435.jpg

      平城京を離れた聖武天皇が、再びここへ戻った745年以降は、この「第二次大極殿」で外国使節の接見など国家の儀式が執り行なわれていたそうです。      
f0214792_830127.jpg

       私は「第二次大極殿」の姿も好きです。 「基壇」が残っています。
f0214792_0161822.jpg

      「第二次大極殿」から見る「第一次大極殿」。。。時の流れを感じます。
f0214792_0213411.jpg

       昨日。。。「第一次大極殿」に沈む夕陽
f0214792_823440.jpg

f0214792_8241628.jpg


     「大極殿」の名は、万物の根源、天空の中心を意味する「太極」に由来するそうです。 帝王が世界を支配する中心こそ「大極殿」の意である、ということです。

     1300年の時を経て、今復元なった豪華絢爛たる「第一次大極殿」。。。。
     2010年から1300年後といえば。。。3310年! 1300年後の世界。。。「大極殿」は、どのような姿になっているでしょうか?! 

     西暦3310年。。。。気の遠くなる時間の流れ。。。そもそも日本は、世界は、地球は。。。いったい存在しているのでしょうか?  
     私たちの魂もいったいどうなってるのでしょう? 。。。わかりません。。。だけど。。。
     今、私たちが「天平人の息吹」を感じるように、未来の1300年後の人たちにも 西暦2010年の「時の高まり」を感じてほしい。。。。
     夕陽の「大極殿」に立ちながら、思っていました。

           「 大極殿 千代に八千代にと 夕陽沈む 」 (トッコ)


    ※ これから、富山の実家に帰省します。 父を亡くし白内障の手術をして、すっかり気弱になった母が心配です。。。。
[PR]
by kkpnx151 | 2010-05-02 09:59 | 奈良市