カテゴリ:桜井市( 4 )

檜原神社 桜

4月16日
            「春桜命の讃歌を歌いけり」

    大変お久しぶりです。前回は雪の奈良を紹介して・・・時は過ぎ

    その後、東北大震災、原発事故と・・・未曾有の大惨事に心が痛みます。
    亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。被災された方々の生活と心の 一刻も早い復興を願っております。
    心も沈み、更新はお休みしてました。
    いつしか、桜の花が咲き、ひらひらと花びら舞い散る季節となりました。

    ようやく、桜に元気をもらい、桜井市「檜原神社」へ行ってきました。

    檜原神社 桜
f0214792_0383531.jpg

    桜に彩られた三輪山を 黄色の菜の花も微笑んでいるようでした。 「春が来たよ。がんばれ!」
f0214792_0392044.jpg

    大和平野を見降ろしながら、桜と桃の濃淡のピンクのコントラストがまぶしい。
f0214792_0393920.jpg

    寺池も 桜色を映し 輝いていました。
f0214792_0505639.jpg


         「春桜命の讃歌を歌いけり」 (トッコ)

    美しく咲き誇る桜、舞い散る花びらを見ながら、命のはかなさと大切さを感じておりました。
 
    梅原猛さんが、「この災害は天災であり、人災であり、文明災。文明が さばかれている」と発言されています。その意味はとても重い。
    震災の復興は、私たち全ての日本人の生き方、文明のありようの問題だといえます。

    謙虚な心で、生かされていることに感謝する。その心をもって、皆で叡智を出し合いましょう。
    桜の花が命の讃歌を歌い、応援してくれているのだから。。。。
[PR]
by kkpnx151 | 2011-04-16 23:34 | 桜井市

ささゆり

        6月21日 夏至     私の好きな花。
 
        桜井市 大輪神社の 「ささゆり」。。。。今年も出会えるのを楽しみにしていました。

f0214792_13302091.jpg

f0214792_13311086.jpg

f0214792_13153287.jpg

f0214792_13305385.jpg

f0214792_13154310.jpg


      ささゆり。。。。年に一度の再会です。

      清楚な香を放ち、風に はかなげにゆれる ささゆり。。。。。美しいですね。

         大伴家持も、万葉集の中で歌っています。

         「 さ百合花  ゆりも逢はむと 思へこそ  今のまさかも  うるはしみすれ 」

                  (巻18一8・4088)


         訳: いつの日にかきっと再会して語り合おうと思えばこそ、今こうして心をつくしているのですよ。

        
         初夏、宴会に招かれ、ゆりの花輪を贈られた家持は、ゆりを詠みこんで、感謝の気持ちを表現ました。
         
         皆さん、お元気でしたか? 私は、ひさしぶりのブログ更新です。
         
         お変わりなくたずねてきていただいた皆様に、感謝の「ゆりの花」をアップしました。
         無理せずに更新をしていくつもりです。    またよろしくお願いします。

         







        


         
       
       
  

      
[PR]
by kkpnx151 | 2010-06-21 20:41 | 桜井市

大神神社


 3月2日

        大神神社(おおみわじんじゃ)    

      日本の伝統的なパワースポットです。 一昨日の日曜日に、寄ってきました。

           「三輪山」を御神体としている。。。神の山
f0214792_22292544.jpg

   
     先週、テレビで日本のパワースポットとして紹介され、翌日から、ものすごい人が連日訪ねてきているらしいです。 
f0214792_22295878.jpg

     たくさんの人にびっくりしました。 鳥居は真ん中を歩いてはいけません。しっかりおじぎして、左足から入ると良いらしい!
f0214792_22313453.jpg

      
f0214792_22321880.jpg
    
    
f0214792_22324242.jpg


             味酒((うまざけ)を 三輪の祝(はふり)が いはふ杉 手触(てふ)れし罪か 君に逢ひかたき  
      
               (万葉集 巻4-712 丹波大女娘子)

             訳:三輪山の神杉に手を触れてしまった罪なのでしょうか・・愛するあなたに逢えないのは・・・

    
                     巳の神杉
f0214792_22341275.jpg

三輪山の神杉にもたくさんの方がおまいりされていました。 間隙を写しました。
f0214792_22343778.jpg

   大鳥居・耳成山・畝傍山・・・・美しい眺望です。
f0214792_18311475.jpg



    オリンピックが閉会して、日本選手メダリストの言葉が印象的でした。喜びと無念の気持ちと感謝の言葉。そして、次なるソチオリンピックへの目標。。。
    常に自らの目標を定め、並はずれた努力と周りの人への感謝の心を忘れないアスリートの姿に、たくさんのことを学びます。
    ありがとう。 オリンピックから感動と勇気をもらいました。  
    12日からパラリンピックが始まります。まだまだ目が離せませんね。

    


 
[PR]
by kkpnx151 | 2010-03-02 19:23 | 桜井市

ホケノ山古墳


2月18日

 びっくりニュース 「ツタンカーメンの死因 判明」! 

 「黄金のマスクで知られる古代エジプトのファラオ、ツタンカーメン(BC14世紀)は、「内反足と骨の痛みのため足を引きずって歩き、
 転倒か何かによる骨折にマラリアが重なって死んだ可能性が高い」という。
 ツタンカーメンは、11歳で即位し、19歳の若さで死んだとされるが、その死因については暗殺説などさまざまな憶測があった。
 エジプト考古最高評議会のザヒ・ハワス事務局長は、「ツタンカーメンは複数の障害を抱えていた。若いがつえをついて歩く虚弱な王だったのかもしれない。
      父はアクエンアテン(アメンホテプ4世)で母はその姉妹の1人であった」と特定している。」。。。

ツタンカーメン王。。。ずいぶん今までのイメージと違う姿でしたね。



 以前 奈良県桜井市の 「ホケノ山古墳」に何度か行ってきました。

     ホケノ山古墳   こちらも王家の墓! 日本最古の古墳。

 三輪山の「大神(おおみわ)神社」には、ホケノ山古墳出土と伝わる画文帯神獣鏡が保存され、
この古墳は 「豊鋤入姫(とよすきいりひめ)」の墓とされています。

 豊鋤入姫は。。。父の「崇神天皇」の命で「天照大神(アマテラス)」 を 笠縫邑(かさぬいのむら)の「檜原神社」に祀る。
 以後、垂仁天皇25年に倭姫命(やまとひめ)と交替になるまで、祭祀を続けたといいます!


 ホケノ山古墳。。。帆立貝式の前方後円墳 
f0214792_22153918.jpg

 ホケノ山古墳から三輪山を眺める。。。
f0214792_22205818.jpg

 夕方。。。ホケノ山古墳
f0214792_22162243.jpg

 ホケノ山古墳から 箸墓(はしはか)古墳を眺める
f0214792_2216674.jpg

 はるか古代の墓。。。女王が眠る
f0214792_22321550.jpg


  
 ホケノ山古墳は、3世紀築造のもので、邪馬台国の女王「卑弥呼」が死んだとされる正始9年(248)との一致することから、「卑弥呼」の墓とする説もあります。。。。


       ホケノ山古墳。。。。一体誰が眠っているのだろう。。。。

  そして、豊鋤入姫?卑弥呼? 死因は何だったのだろう。。。。ロマンをかきたてられる古墳です。
[PR]
by kkpnx151 | 2010-02-18 21:05 | 桜井市