カテゴリ:信州( 4 )

白鳥湖

 お久しぶりです。久々の更新。 ブログ更新の仕方も忘れるくらいに久しぶり! よかったら、みてください。


 1月12日~13日  信州 奈良写真倶楽部の撮影会。 新しいカメラ ソニー「ミラ-レスNEX-7」で撮影。 

    1月12日 快晴。  安曇野市 豊科 犀川ダム湖 (白鳥の湖)。

    白鳥たちがのんびり越冬中でした。 白鳥のかわいい姿をとらえてきました。

f0214792_12211157.jpg


f0214792_12401969.jpg


f0214792_12462968.jpg


f0214792_1230363.jpg


f0214792_12354045.jpg


f0214792_12234166.jpg


   クエックエッと鳴きながら憩う白鳥たちの姿、すてきでした。 

   アルプスの雄大な山々を背景に飛ぶ姿には、ドキドキ心打たれました。

   犀川白鳥湖は、毎年10月から4月にかけて1,000羽以上もの白鳥が飛来することで有名です。

   翌朝、再び訪ねたときは、突然の大雪のため近づくこともできませんでした。

   白鳥たちは、もう吹雪の中、どこに身を寄せていたんでしょうか。 白鳥たち、みんな元気でいてね。

   
  ミラーレスのカメラは、まだ使い勝手がわからず、なかなかうまく撮れませんでした。ぼちぼち使いこなしていこうかと思っています。
[PR]
by kkpnx151 | 2013-01-12 12:19 | 信州

信州 栖林寺のシダレザクラ

   長野県駒ヶ根市栗林

   4月23日「高遠の桜」を見た後、栖林寺(せいりんじ)のシダレザクラを見てきました。



         「雨に濡れ枝垂れ桜の舞い躍る」 (トッコ)

      栖林寺(せいりんじ)のシダレザクラ

f0214792_1401091.jpg

f0214792_148335.jpg


     春の雨風に 舞い散る桜のなんと見事なこと!

f0214792_1404064.jpg



     栖林寺は、400年前 武田信玄の旗下諏訪左馬頭 坂井武左衛門の意を得て、1615年に創立されたといいます。
     古い歴史を感じる小さなお寺の見事な枝垂れ桜。
     境内には、樹齢400年の老松も見事でした。


     それにしても、晴れていれば、枝垂れ桜の向こうに雪をいただいた南アルプスがくっきり見えるそうで・・・来年もぜひ来てみたい!





    
[PR]
by kkpnx151 | 2011-04-26 22:38 | 信州

信州 「高遠(たかとお)の桜」

  4月23日

       「春雨や コヒガン桜に 憂いあり」 (トッコ)


   長野県伊那市高遠町   「高遠(たかとお)の桜」を見てきました。

   「天下第一の桜」といわれる桜の名所です!

f0214792_0332771.jpg
f0214792_0334085.jpg
f0214792_0335068.jpg

f0214792_0391198.jpg


      前日の夜10時に車で出発し、亀山から時間調整し1000円で高速に乗り、着いたのが朝の5時! 
      朝6時にはもうカメラをかかえた方たちが、思い思いの場所で撮影されていました。
      あいにく、雨模様でしたが、1500本以上の桜で公園全体が薄紅色に染まっていました。



          「春雨や コヒガン桜に 憂いあり」 (トッコ)
  
     「高遠の桜」は、「コヒガン桜」で、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みが強く、とても可憐でかわいい桜です。
     雨にぬれたコヒガン桜は、憂いを秘め、つやっぽさすら感じました。


   


   
[PR]
by kkpnx151 | 2011-04-24 22:35 | 信州

 御嶽山

 信州路 続編

 木曽御嶽山は 人々の魂の故郷とされるそうです。
 御嶽信仰は、「われわれの霊魂は、聖なる御嶽の御山より生を受け、それぞれの家へ御神縁によって生まれ出でるが、
 死して後よりは、再び御山の幽世へ御引取り頂き、かたじけなくも御嶽の神に帰る」という不動の信念に立つ」のだそうです。

        その聖なる地に 恐れ多くも足を踏み入れてきました。

                 「 秋深み 霊気の宿る 御嶽山 」  (トッコ)

f0214792_21564156.jpg

f0214792_2294960.jpg

f0214792_21565658.jpg
f0214792_2157463.jpg
f0214792_21571595.jpg

f0214792_22103317.jpg

f0214792_21572261.jpg

f0214792_2210670.jpg


 御嶽信仰の発祥は、その源流をたどれば古代の山岳崇拝にあるそうです。
 神代の時代に、山そのものを神とあがめて崇拝した古代人の原始宗教に端を発したもので、
 その後、大和の役の小角(えんのおずぬ)を開祖とする修験道と結ばれ、
 奈良時代から鎌倉時代にかけて一時代を画したが、やがて修験道の退潮と共に、
 新たな民間信仰として台頭し、独自の御嶽信仰の形成をみるに至ったとされいるそうです。

 御嶽教。。。本部は奈良県奈良市高畑町にあるそうです! (知らなかった)


           「 秋深み 霊気の宿る 御嶽山 」 
 
 霊峰御嶽の聖地のここかしこに、永年に渡り建立されてきた数十万の苔むす霊神碑!

 あまりに霊気ものすごくて 怖れで倒れそうでした。 人の魂が生まれ、魂の帰るところ。。。
 この聖地には 決して軽々しく踏み込めないと、思いました。




   投稿句ありがとうございました。

 「 神無月 しばし寂しき御嶽かな 」(鎌ちゃん)

[PR]
by kkpnx151 | 2010-10-28 21:55 | 信州